トップ > INFOMATION - 情報検索 - > 許容濃度・OELs > 許容濃度等の提案理由および暫定提案の提案理由等


許容濃度等の提案理由

このホームページに掲載された提案理由書についての注意点を、以下に示します。

  1. 化学物質の提案理由書については、2001年度以降に提案された物質が掲載されています。2000年度以前の提案理由書については、本学会機関誌「産業医学・産業衛生学雑誌」に掲載された提案理由書、または、中央労働災害防止協会が2000年に発行した「許容濃度提案理由書集」(ISBN 4-8059-0714-2)を参照して下さい。
  2. 物質名は、許容濃度表に採用している物質名に統一し、五十音順に整理してあります。
  3. 提案理由に「暫定」と記載されている場合がありますが、最新年度の提案理由以外は最終版です。最新年度の提案理由については、次年度に変更される可能性があります。
  4. 物理要因については、年度に制限無く掲載しています。「寒冷の許容基準」については、「許容濃度等の勧告」の寒冷の許容基準の前文を参照して下さい。

以上

 

ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マヤラワ行  物理要因

ア行

  1. アクリルアミド
  2. アクリルアミド(生殖毒性)
  3. アクリル酸メチル
  4. アトラジン
  5. アセトン(OEL-B)
  6. アンチモンおよびアンチモン化合物
  7. 一酸化炭素(生殖毒性)
  8. インジウムおよびその化合物(OEL-B)
  9. インジウム化合物(発がん分類)
  10. 2-エチル-1-ヘキサノール 
  11. エチルベンゼン
  12. エチルベンゼン(生殖毒性)
  13. エチレンイミン(生殖毒性)
  14. エチレンオキシド(生殖毒性)
  15. エチレングリコールモノエチルエーテル (生殖毒性)
  16. エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート (生殖毒性)
  17. エチレングリコールモノブチルエーテル(OEL-B)
  18. エチレングリコールモノメチルエーテル
  19. エチレングリコールモノメチルエーテル (生殖毒性)
  20. エチレングリコールモノメチルエーテルアセテート
  21. エチレングリコールモノメチルエーテルアセテート (生殖毒性)
  22. 塩化ベンザル(発がん分類)
  23. 塩化ベンジル(発がん分類)
  24. 塩化ベンゾイル(発がん分類)               
  25. オフセット印刷工程(発がん分類)

カ行


サ行


タ行


ナ行


ハ行


マヤラワ行


物理要因

 

暫定提案の提案理由等

 

ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マヤラワ行  物理要因

ア行

  1. アクリル酸エチル(感作性)
  2. イソプレン
  3. イソホロンジイソシアネート(感作性)
  4. 2- エチル-1- ヘキサノール(生殖毒性)
  5. エチレングリコールモノブチルエーテル
  6. 塩化ビニル(過剰発がん評価値)
  7.  

カ行


サ行


タ行


ナ行


ハ行


マヤラワ行

  •  

物理要因



 
個人情報保護方針 |  サイトマップ |  リンク |  お問い合わせ